東京都健康安全研究センター
インフルエンザウイルスHA遺伝子系統樹(東京都 2021-22年シーズン)

更新日:2022年9月1日

1 AH1pdm09ウイルス

 AH1pdm09は検出されませんでした。

 

2 AH3亜型ウイルスのHA遺伝子系統樹

 2022年6月、7月に検出されたAH3亜型2件について、HA遺伝子の分子系統樹解析を行いました。その結果、新型コロナウイルスの流行以前(2018年から2020年初め)の都内検出株とは異なるクレードに属し、2022/2023年シーズンのワクチン株と同じクレードに属していました。

 AH3亜型が検出された2件のうち1件からウイルスが分離され、赤血球凝集阻止(HI)試験を行ったところ、ワクチン株と同等の反応性がみられました。

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹

東京都におけるAH3亜型インフルエンザウイルスのHA遺伝子系統樹(2021-22年シーズン)

画像をクリックすると大きい画像が表示されます
PDFファイルは こちら から

3 B型ウイルス

 B型は検出されませんでした。

本ホームページに関わる著作権は東京都健康安全研究センターに帰属します ご利用にあたって
l © 2022 Tokyo Metropolitan Institute of Public Health. All rights reserved.